トップ > 規定 > > 牛ヌメ革(タンニンなめし) > 牛ヌメ革の天然皮革ならではの特徴

牛ヌメ革の天然皮革ならではの特徴

レザーマニアでは、牛ヌメ革の天然由来の汚れ・シミ・シワ・傷などを「牛ヌメ革の天然皮革ならではの特徴」と呼んでいます。
これらの症状は四角切革の大きさの中に含まれますが返品・交換の対象にはなりません。 なお、四角切革の大きさには含まれない症状もあります。

血スジ

皮革の銀面に葉っぱの葉脈のように細かく枝分かれしたスジ模様の事です。
これは皮膚が薄い部分や皮膚のすぐ下にあった血管の痕跡で、
合皮には見られない天然皮革だけの自然な風合いです。

トラ

革の銀面にスジのように入っているシワです。 首の周りや腹、背中など生前にシワがよりやすい部位に見られます。
個体差により量や深さ、場所は異なり革の表情に影響します。

バラ傷

革の銀面に入っている引っ掻き傷の痕です。
傷のできた時期によって強度や風合いが異なるので、味として生かすかダメージとして避けるかを制作時に判断する事が必要です。

虫刺され

えくぼのようなポツポツとしたへこみやクレーターのような痕です。
虫に刺されたり皮膚のトラブルによるもので、かさぶたの状況が治りきっていない痕は銀がはがれやすいので注意してください。

色ムラ

天然皮革は部位によって繊維の密度や厚さが異なるため染めムラが起こりやすいです。
また銀面の凹凸やコンディションよって同じ1枚の革でも風合いが異なります。

焼き印

別名ブランドとも呼ばれています。 家畜の所有者を明確にする為に押される焼き印のやけど痕です。
通常1匹の牛から1カ所しか取れない貴重品のため人気が高く愛用者が多いです。

色焼け

ヌメ革は、経年変化により、未使用であっても縁部分から色焼けしていきます。

ページトップへ
ご利用案内
世界に誇る日本のブランド革 栃木レザー たっぷりとオイルを染み込ませた艶のある革 サドルレザー カラー豊かなハンドメイドレザー アリゾナ イタリアンレザーの名品 トスカーナ 透明感のある染色革 ルガトショルダー 強く耐久性のある高級皮革 ブライドルレザー

© 2007-2017 革マニアのレザークラフト材料専門店 レザーマニア