トップ > 用語集 > 原料皮 > うまがわ【馬皮】

  • 学名はEquus caballusの皮。ウマは発祥地別により西洋ウマと東洋ウマに分かれる。馬皮のコラーゲン線維構造は牛皮に比べて粗大であるが、毛包の配列は牛皮と同じ単一毛包である。しかし、牛皮に比べ毛穴が少なく銀面がスムースである。大きな馬皮のバット部から非常に密に詰まった「板」あるいは「シェル」と呼ばれる部分がある。この部分の革は水、空気をほとんど通さず、この部分をコードバン(cordovan)と呼ぶ。植物タンニン鞣しした革からは高級な鞄、ランドセル、ベルト、時計バンドなどに利用される。この部位以外は靴裏革などに多く利用されている。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

  • 肥育用品種として、ブルトン系、ペルシュロン系、アラブ系がある。毛包の配列は、牛皮と同じ偏りの無い単一毛包である。膠原繊維の構造は牛皮に比べて粗いが、非常に密に詰まった板あるいはセルと呼ばれる部分が左右の尻部(バット)、それも網状層の中にある。これは馬皮だけに見られ、この部分を鞣した革がコードバンになる。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p6より転載

  • 馬皮の繊維構造は牛皮より粗大であるが、牛に比べ毛穴が少なく銀面がスムーズである。特に、腰部の網状層は特異的にち密な繊維組織をもつため、この部分は特別な革(コードバン、 Cordvan)が得られる。

    皮革ハンドブック(日本皮革技術協会編)樹芸書房 2005年:P15より転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア