トップ > 用語集 > 革の仕上げ > せみあにりんしあげ【セミアニリン仕上げ】

  • アニリン仕上げとカバリング(顔料)仕上げの中間的な仕上げである。銀面の傷や不均一さをカバーしながら革表面の銀面模様を残す。着色剤は染料と有機系顔料を併用し、小さな傷を目立たなくする。上塗り膜は無色または着色剤として染料を主に使用した着色被膜を形成することにより革表面の銀面模様を残す。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p138より転載

  • アニリン仕上げと顔料仕上げの中間的な性格で、染料と有機系顔料を併用して比較的軽微な銀面の傷や不均一性をカバーすると同時に自然の銀面模様も保持することを主眼としている。

    皮革ハンドブック(日本皮革技術協会編)樹芸書房 2005年:P44より転載

  • 甲革の仕上げの一方法。染色した革を染料を主体とし、これに少量の顔料を加えた塗料を用いて仕上げる。アニリン仕上げと顔料仕上げの中間的な仕上げ方法である。

    A finishing method for upper leather. Its characteristic is in finishing the dyed leather with a paint consisting of a major proportion of dyestuff and a minor proportion of pigment. It positions in the intermediate between aniline finishing and pigment finishing.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0689Eより転載

  • 革の仕上げ方法の一つ。アニリン仕上げと顔料仕上げの中間的な仕上げ方法で、少量の顔料を使うことで銀面の損傷を隠し、その後に染料で調色を行うことで、顔料感を軽減する。ほとんどの革の仕上げはこの方法を採っている。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 切り革が豊富なレザークラフト材料店 レザーマニア