トップ > 用語集 > 革の仕上げ > かぜいんしあげ【カゼイン仕上げ】

  • 天然物系仕上げ剤であるカゼインを主成分とし、染料、ワックス等を配合した仕上げ剤を用いて革表面に塗布する仕上げである。この仕上げの特徴は、ホルムアルデヒド液の添加あるいは別に塗布することによりタンパク質系バインダー膜の固定処理により耐水性等が付与できる。一般的に、タンパク質系仕上げ剤の塗膜は乾燥後にグレージングを行い、圧力と熱を伴う摩擦によりつやを生じる。ドイツボックス、カーフ、キッド等の革本来の銀面を生かす仕上げの場合に行われる。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p138より転載

  • 革の仕上げの一方法。カゼインを主体として染料、ワックスなどを含む塗料を革の銀面に塗布した後、固定剤をスプレーし、グレージングで光沢を出す。ボックスカーフ、キッドのような革本来の銀面模様の特徴を生かすのに適している。

    A leather finishing system. It involves the apply of a casein-based paint containing dyestuff and wax, etc. to the grain and the subsequent spraying of fixative and the final polishing by glazing. It is suitable for emphasizing the uniqueness of native grain pattern as in box calf and kid leather.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0201Eより転載

  • 革の仕上げの一方法。カゼインを主体として染料、ワックスなどを混合した塗料を革の銀面に塗布した後、固定剤をスプレーし、グレージングで光沢を出す。ボックスカーフ、キッドのような本来の銀面の美しさを生かすのに適している。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア