トップ > 用語集 > 革の仕上げ > ばいんだーしあげ【バインダー仕上げ】

  • 合成樹脂バインダー(水溶液型、ディスパージョン型及びエマルジョン型)を主に使用し、革表面に塗膜を形成する仕上げである。下及び中塗りにおいて使用し、充てん性、造膜性、機械的性状等の強弱によりバインダーの洗濯及び配合を行った仕上げ剤を用いて塗装を行う。特に、造膜性の強いバインダーを主に使用した場合は塗膜のプラスチック感が強くなるので、これを抑制するために天然物系及び合成物系助剤(例えば、タンパク質系バインダー、ワックス等)を添加することがある。バインダーを塗装し、乾燥後にアイロン処理を行い、塗膜の均一化と平滑化が行われる。なお、近年、従来の下及び中塗り用のポリマーバインダーだけでなく、上塗りにも使用可能な被膜性状を持ったエマルジョンタイプの仕上げ剤が使用されるようになってきた。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p139より転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア