トップ > 用語集 > 革の仕上げ > ぐれーじんぐしあげ【グレージング仕上げ】

  • グレージングマシーンを使用する仕上げである。塗膜表面をガラスまたはメノウ等で往復運動して摩擦し、摩擦熱、加圧による表面のち密化とつや出し効果と平滑化効果をあげる。仕上げ剤にはカゼイン、アルブミン等のタンパク質系バインダーにワックス、シェラック、牛血、染料又は顔料等を配合する。カゼイン仕上げと同様な革に使用される。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p140より転載

  • 皮革の代表的な仕上げ方法の1つである。革の表面に平滑性と透明性のある光沢を付与することを目的として、カゼインなどのタンパク質系仕上げ剤やワックスなどを塗布してから、ガラスやメノウのローラーによって強く摩擦して光沢を出す。は虫類皮革ではマット仕上げとともに主流をなす仕上げ法で、エナメル革のような強い艶でなく、上品な艶を出して高級感を醸し出している。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
レザークラフト・ハンディプレス
ハンドプレス機・コマ
プロ菱目・平目パンチ
SINCE特選工具
ご利用案内

© 2007-2019 革マニア向けのレザークラフト材料店 レザーマニア