トップ > 用語集 > 革の仕上げ > ばにしんぐしあげ【バニシング仕上げ(焦がし仕上げ)】

  • 焦がし仕上げとも言われ、革の表面を綿バフの摩擦熱で焦がしたように処理した革である。通常のバインダー、顔料等の仕上げでは焦がし効果が得られず、タンパク質系仕上げ剤、ワックス、顔料、染料等を用いて仕上げる。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p140より転載

  • 未塗装のタンニン鞣し革の表面を摩擦熱によってこがし色の濃淡模様をつける仕上げ。主にぬめ革の仕上げ用に用いられるが、植物タンニンで再鞣したクロム革の仕上げにも採用される。ウエスタンブーツや、カジュアルシューズの甲革仕上げに多く用いられている。普通はこがし専用のワックスをすり込んだ革に高速回転(1,000〜1,500 rpm)の綿ブラシをあててこがす方法がとられている。着色ワックスも使用される。

    A finishing system for vegetable tanned leather where the uncoated leather surface is strongly rubbed to produce a shading pattern of burnt color effected by the pressure and heat by rubbing. It is mainly adopted in vegetable tanned leather finishing but also in vegetable retanned chrome leather finishing, especially for western boots and casual shoes uppers. It involves usually the application of a specified wax composition and the subsequent rubbing with a rotating (1000~1500 rpm) cotton brush. The wax composition may conatin coloring substances.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0419Eより転載

ページトップへ
牛ヌメ革 四角切革 30cm幅
牛ヌメ革 四角切革 各種サイズ
牛ヌメ革について ※ご購入の前にお読みください
タンニン鞣しの革はぎれを詰合せた人気商品 牛ヌメ革はぎれ
世界に誇る日本のブランド革 栃木レザー
発色が美しい 姫路レザー
グレージング加工によるツヤのある革 サドルレザー
タンニン鞣しのローケツ用の革 タンロー
カービングや染色用に人気の有名革 ハーマンオーク
ヨーロッパ直輸入の良質なヌメ革 EU.Wバット
フランス産の原皮・原料で生産された革 フランスヌメ
透明感のある染色革 ルガトショルダー
カラー豊かなハンドメイドレザー アリゾナ
イタリアンレザーの名品 トスカーナ
しなやかな素上げ調の手触りが特徴 ブルガノ
綺麗な色合いが特徴のスムース革 ペコス
マットな質感のスムースレザー リオショルダー
強く耐久性のある高級皮革 ブライドルレザー
イギリス産のビンテージ仕上げ 馬ヌメ革
レザークラフト・ハンディプレス
ハンドプレス機・コマ
プロ菱目・平目パンチ
SINCE特選工具
ご利用案内

© 2007-2019 ヌメ革・皮革素材・レザークラフト材料店 レザーマニア