トップ > 用語集 > 革の加工 > 空打ち(ミーリング)【からうち】

  • 空ドラムの中で革を打ちほぐす作業である。革の柔軟化としぼの調整を目的として行う。空打ち時間はそれぞれの目的により異なり、ときには加温、加湿することもある。一般には、衣料用革などの柔軟な革について行われる。バタ振りによる柔軟化の方法もある。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p154より転載

  • 乾燥工程以降に行われる革の柔軟作業で、水を入れないドラムに革を入れて回転させる。柔軟効果とともにシボ出し効果も得られる。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

  • 製靴工程中で甲革や底革に湿度を与える作業。釣り込みや底付け作業を円滑にするために行う。

    A shoe manufacturing operation to apply the moisture to the upper and sole. It aims to help the lasting and bottoming.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:1212Kより転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア