トップ > 用語集 > 革の種類 > 植物タンニン鞣し革【しょくぶつたんにんなめしがわ】

  • 植物タンニン革は、茶褐色で光りにより暗色化しやすく、低pHで淡色で、高pHでは濃色となる。堅ろうで摩耗に強く、伸びが小さく、可塑性が大であり、成型性がよい。比重は比較的大であり、耐熱性が劣る。靴底革、中底革、馬具、かばん、ベルト、革工芸などに用いられる。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p192より転載

  • 主として植物タンニンで鞣した革。クロム革に比べて伸びと弾性が小さく、可塑性に富む。用途により底革、ヌメ革、クラフト(革工芸)用革などの区別があり、性質が異なる。

    A leather species substantially tanned with vegetable tannin. It is featured with a less elongation and elasticity and a better plasticity compared with chrome tanned leather. There are different types of sole leather, case leather and handicraft leather corresponding to different uses.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0757Hより転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 切り革が豊富なレザークラフト材料店 レザーマニア