トップ > 用語集 > 革の種類 > セーム革【せーむがわ】

  • 元来はスイスのアルプス地方のカモシカの皮の銀面を削り落し、魚油で鞣した革。現在は同様の方法で製造した鹿革、羊革も含む。優れた柔軟性、吸水性と適度の親油性を持つ。自動車、レンズ、金属類の汚れ落しやガソリンの濾過などに使用される。

    In the original meaning, fish-oil tanned antelope skin shaved off the grain which was produced in Alps region of Switzerland. The present meaning includes similarly tanned deer and sheep leathers. It is featured with a remarkable softness, water absorbency as well as favorable lipophilicity and used for wiping car, lens and noble metals and for gasoline filter etc.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0675Hより転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア