トップ > 用語集 > 革の種類 > 銀付き革【ぎんつきがわ】

  • 動物皮の本来の銀面模様を生かして仕上げた革である。代表的なものにボックスカーフがある。これは子牛皮をクロム鞣し・染色後、主にタンパク質系バインダーでボックス仕上げした革である。柔軟で、光沢があり、高級な靴、ハンドバッグ、ベルトなどに使用される。成牛皮を原料としたアニリン仕上げ革などもあり、用途は広く靴甲革、ハンドバッグ、かばん、家具用などに使用される。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p193より転載

  • 動物皮の本来の銀面を生かして仕上げた革。一般に銀面の傷が少ない、美麗な銀面模様を持つ原皮から作られ、ガラス張り革やスエードなどと区別する意味で用いられる。

    A finished leather bearing the original grain pattern. It is usually produced from the raw stock with a limited quantity of grain defects and a beautiful grain pattern. The term is used for distinguishing from corrected grain leather or buffed leather.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0313Hより転載

  • 動物皮の本来の銀面模様を生かした革の総称。素上げ革、アニリン革、塗装仕上げ革などがある。銀面の傷が少ない美麗な銀面模様を持つ原皮からつくられる。ガラス張り革やスエードなどと区別する意味で用いられる。代表的なものにボックスカーフがある。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
レザークラフト・ハンディプレス
ハンドプレス機・コマ
プロ菱目・平目パンチ
SINCE特選工具
ご利用案内

© 2007-2019 革マニア向けのレザークラフト材料店 レザーマニア