トップ > 用語集 > 革の種類 > 型押し革【かたおしがわ】

  • 植物タンニン鞣し革、またはクロムとタンニンの複合鞣し革の銀面または塗装仕上げ面をプレスで加熱、加圧し、種々の型を押しつけたもの、ハンドバッグ、かばんなどに用いられる。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p193より転載

  • 革の表面に凹凸模様を形成した型板を加熱押圧して、革上に凹凸模様を付けた革。植物タンニン鞣し又は植物タンニンで再鞣したクロム鞣し革など可塑性のある革を素材とし、型板を交換することにより一般模様の他、爬虫類など他の種の動物の銀面を擬した模様をつけることもある。靴、鞄、袋物又家具革等に広く使用されている。

    A leather class having an embossed uneven pattern formed on the surface by pressing it against a pattern plate under heating. Vegetable tanned leather or vegetable retanned chrome leather with a good plasticity is embossed to give a general pattern or an imitation grain pattern of other species, the reptiles for example, by changing the pattern plate. It is widely used for shoes, case, bag and upholstery, etc.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0206Hより転載

  • 凹凸を刻印した鉄板で加熱、加圧し、革の表面に種々な凹凸模様をつけた革の総称。植物タンニンで鞣した革や再鞣<さいじゅう>した型がつきやすい革(可塑性のある革)を素材とする。装飾的な財布や家具、靴、ハンドバッグ、鞄など広範囲に使用されている。また、床革<とこがわ>に特殊な仕上げを施し銀面様の模様をつけたものなどもある。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
レザークラフト・ハンディプレス
ハンドプレス機・コマ
プロ菱目・平目パンチ
SINCE特選工具
ご利用案内

© 2007-2019 革マニア向けのレザークラフト材料店 レザーマニア