トップ > 用語集 > 革の種類 > シュリンク革【しゅりんくがわ】

  • 鞣し工程で薬品によって革の表面にシワをよせたもの。型押し加工を組み合わせたものもある。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p193より転載

  • 鞣し工程で収斂性の強い鞣剤を使用することで銀面を収縮させることにより得られた独特の銀面模様(しぼ)をもつ革。

    A leather type having a unique shrinked grain pattern which is generated with strongly astringent tanning agent applied in the tanning process.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0544Hより転載

  • 皮の銀面を収縮隆起させ、本来の銀面模様を強調した革。銀面の収縮には収れん性の強い合成鞣剤又は植物タンニンを用いる。乾燥革を長時間、空打ちすることによっても、銀面の収縮が起こりシュリンクしたような銀面の状態をもつ革となる。鞄、ハンドバッグに主として用いられる。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア