トップ > 用語集 > 革の種類 > バックスキン【ばっくすきん】

  • シカ皮の銀面を除去し、ケバ立てた革、次のヌバックはこれに由来する。またスエードとも混用される。きわめて柔軟である。スエードと同様の用途に用いられる。

    総合皮革科学(日本皮革技術協会)1998年:p193より転載

  • 本来は鹿皮の銀面を削り落し、ホルムアルデヒドや魚油で鞣して得られる帯黄色の柔軟で丈夫な起毛革。現在は主に羊皮やカーフスキンからのものを指す。

    The term represented originally a yellowish soft and durable buffed leather type from grain scraped-off deerskin tanned with formaldehyde and fish oil. The present meaning represents mainly those from sheepskin and calfskin.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0965Hより転載

  • 本来は牡鹿皮の銀面を除去し、その面を起毛して作った革。バック(buck)は、トナカイ、カモシカ、欧州産の鹿類、ヤギ、ウサギなどの雄を指す。魚油又はホルムアルデヒドなどで鞣した黄色の柔らかい革で、肉面を仕上げたものもある。床革ベロアやスエードなどをバックスキンと表現して間違っている場合が多い。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 革マニアのレザークラフト材料店 レザーマニア