トップ > 用語集 > 革の種類 > ナッパ(革)【なっぱ】

  • 羊皮、山羊皮から手袋や衣料用に仕上げた銀付き革。現在は牛皮、豚皮から柔軟な仕上げを施したクロム鞣し銀付き革もこのカテゴリイに含まれる。

    Soft grain leather from sheepskin or goatskin finished for glove and garment uses. The present category includes the same type chrome tanned leather from cattle hide and pigskin.

    日英中皮革用語辞典(日本皮革技術協会・中国皮革工業協会共編)樹芸書房 2000年:0887Hより転載

  • アメリカのNapa地域で作られていた革が語源で、明ばん鞣し後、植物タンニン又はクロム鞣剤により再鞣しされた手袋や衣料用の山羊革や羊革のこと。強じんで柔らかく光沢がある。現在では柔軟で強じんな牛革を指すことが多い。

    皮革用語辞典(社団法人 日本皮革産業連合会):2012年11月28日転載

ページトップへ
ご利用案内

© 2007-2020 切り革が豊富なレザークラフト材料店 レザーマニア